便秘の悩みは人類普遍の問題です

現代日本において、果たして便秘に悩んだことのない大人はいるのでしょうか。病気とまではいわないものの、何日か出るべきものが出ないでいるその不快感…をしみじみと味わった経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。

便秘は老若男女を問わずに起こる現象です。なりにくい人となりやすい体質の人とがいますが、便秘の背景には実に様々な因果関係がありますので、「何をどうすれば必ず解決する」という、明確な処置方法があるわけではありません。

また、近年認知度を高めつつある過敏性腸症候群、という症状があります。何らかの精神的ファクターを受けて、急激に腹痛や下痢をもよおしてしまうものですが、このようにお腹を下しやすい一方で、しつこい便秘にも悩まされている…という人が少なくありません。

食生活の欧米化が原因だという人もいます。確かに、脂質や炭水化物の多い食事内容は便秘を誘発しますが、では欧米化以前の日本人がみな快調なお通じをしていたか?というとそうでもありません。どんな時代の人も、ままならないお通じ事情と便秘に困っていたのです。便秘は、人間が普遍的に抱える不調トラブルのひとつであると言えるでしょう。

このことを踏まえると、「何で私だけがこんな目に…」と悲観的に考えるのは的外れです。便秘は人類普遍の問題であり、あなたは決してひとりではありません。こう考えると、辛い便秘もちょっと楽に思えてくるのではないでしょうか。
http://www.leedphilly.com/

コメントする